キャリアプランの設計が重要な理由

ワーキングウーマンとして一生を過ごしていくことを心に決めている場合、そのときからキャリアプランを立てることが重要です。社会人になる前から設計しておくことが理想的と言えるでしょう。女性はライフイベントがあるごとに仕事との付き合い方を変えなければならなくなります。そのため、予めライフステージに合わせた仕事ができるように、キャリアプランを具体的に考えてキャリアを構築していくことが重要なのです。

特に結婚と出産は人生の中でも大きな転機になります。結婚前までは自由に働けるので、そこで培ったキャリアがその先に生きていくでしょう。その時点で育児支援などがしっかりとしており、結婚や出産をしても働きやすい職場を選んでおくと理想的です。しかし、働き続けるのが辛くなった場合は、一度離職することも考えておく必要があります。育児に余裕が生まれたり、仕事を再開したいという考えが湧いたりしたら、仕事先を探しやすいように資格取得などの準備を行いましょう。

一度家庭に入ると、ライフステージに応じて働ける時間が限られてくるため、常勤ではなくパートで働くという選択肢も考慮する必要があるかもしれません。老後のことを考えると、常勤で働き続けたいという考え方もあるかもしれませんが、時短勤務制度などを導入している職場を予め選んでおけば、育児が落ち着いたら常勤で働くことも可能になります。社会人になる前にキャリアプランを設計しておくと、仕事やプライベートの目標管理がしやすくなります。